ソーシャル・インクルージョンとアート | 教員エッセイ

ソーシャル・インクルージョンとアート

【ソーシャル・インクルージョンとアートとの出会い】

一人ひとりの違いを超えて仲間として認め合い、皆が自分らしく生きることのできる社会を目指す「ソーシャル・インクルージョン」の理念と、その実現に向けて「美術を使う」という発想に私がイギリスで初めて出会ったのは、2005年の秋でした。

イギリスは、文化活動に関心の高い人々だけでなく、文化的な活動に触れにくく、美術教育を受けていない人々とも、アーティストやデザイナー、教育関連、医療福祉関連の人々が共に活動しようというムーブメントが積極的に展開されている先進国です。社会から孤立し、社会とつながりにくい状況にある人たちを、もう一度社会につなぎ直して地域社会、国全体を再生しようとしています。この社会貢献を目的とした美術のあり方に私は驚愕をおぼえ、実際に経験して感動しました。

一見したところ、皆でアートをする(=アート・アクティビティ)という、シンプルな活動です。しかし、ソーシャル・インクルージョンの理念を参加者に伝えるには、アート・アクティビティが行われている最中に、参加したすべての人の間で行われたやり取りが大きく作用してくるため、緻密な観察力と対応力が求められます。参加者にアート・アクティビティのポジティブな影響をもたらすために、主催者側は皆で協力し合って細心の注意を払います。

 

【アートアクティビティの、こころを変化させる力】

参加者たちは皆でアートをする過程で、他者との関係を築くために必要な能力を身につけたり、好きなことや今後取り組みたいことを見つける機会を得ていきます。自分にはできないと思い込んでいたことに対する新たな方法を見つけて積極的にチャレンジすることの意義に気付いたり、受け入れにくかった相手を理解したり、仲間をみつけて参加者全体の一員になるなど、より良く生きる(Well-being)きっかけをつかむことになるかもしれません。この目には見えないこころの変化こそが、ソーシャル・インクルージョンの文脈におけるアートでは作品と言えるのです。

2006年から2012年までイギリスと日本で大小合わせて160回、延べ400人以上と共にアートアクティビティを行った経験から、どのようなこころの変化があったのか、参加者や主催者の声をいくつか紹介します。

慢性病を抱えているバーミンガムこども病院のティーンエイジ患者たち
病気のために運動が出来ず、高校のクラスメイトと一緒にスケートボードについての話題になると、寂しかった。今回、デザインをするという方法でスケートボードと関わり、クラスメイトと一緒に話ができそうで嬉しい。今まで自分だけがなぜこんな辛い病気に・・・と思っていたが、このアートアクティビティに参加して初めて同じような境遇の人と会い、友達になれました。なぜか、すぐ分かり合える気がしました。


 
ソーシャル・インクルージョン(多文化共生)について勉強会を開催している助産師と薬剤師、
海外からの研究生のグループ

今まで、多文化共生について言葉や制度といった切り口で何度も勉強会をしてきましたが、今日、みんなで一緒にアートアクティビティをして、勉強会のメンバーが初めてを楽しく話したことに気づきました。これをきっかけに、先週から参加しているアメリカと中国からの研究生とも親しくなれそうです。これこそがソーシャル・インクルージョンだと感じました。メンバー全員で、最後に記念写真を撮ろう!なんて盛り上がったのは、初めてです。


 
ある大学病院小児病棟の看護師と病院保育士
ベッドで安静にしていなくてはならない小学二年生の患者さんが、併設のプレイルームへ出かけて遊ぶことのできる3人の小学一年生の患者さんから仲間外れにされるようになってしまい、この2日間はどうしたらいいか本当に困っていたのです。それが2時間のアートアクティビティを終えた後に見に行ってみると、みんなで仲良く記念撮影をして、お互いがつくったものをプレゼントしあったりしていました。にこにこしながらおやつを食べていて、本当に驚きました。一年生の患者さんたちは二年生の患者さんが、ベッドに寝ていなくてはいけないことを、いつの間にか理解しているみたいですね。

 

【気持ちを変化させる力を、これからの日本でどう活かすか】

いじめ、引きこもり、自殺、孤独死など現代の日本社会に蔓延する問題からは、自信や希望、目標、居場所を失い、疎外感を抱えた多くの人々の存在が透けてみえてきます。また、日本は失敗することに対してあまり寛容でない社会と言われます。

皆でアートをすることは、社会生活の一端をシュミレーションすることになるのではないか、言い換えるならば、参加者たちは実社会に出ていこうとするとき、または実社会において直面する様々な状況を、擬似的に体験できるのではないか、さらには困難な状況を乗り越える方法を自分なりに見つけたり、試してみたりできるのではないだろうかと、考えるようになりました。この美術のもつ新しい側面を活用するには、他者への「思いやり」「気遣い」を大切にする日本人の生活文化が欠かせません。今後さらに日本独自のソーシャル・インクルージョンと、またこの活動をアート分野として発展させることに取り組んでいきます。いままでは病院での活動が中心に行われてきましたが、今ではその需要は重度心身障害者施設に広がり、福祉大学や、教育関連、博物館からも要請を受けています。これからの日本で、芸術の分野にとどまらず、福祉の分野を通じて教育の分野はもちろん、広く一般に取り入れられていく可能性は充分に考えられます。
 
私は最初に感じた驚愕と感動とともに、この新しい美術の役割を皆さんに伝えていきます。そして将来、多くの可能性に満ちたこの若い分野をいっしょに育んでゆきましょう。

(ヒーリング表現領域准教授 鈴木理恵子)